◆国・地域別記事◆

中国国務院、省エネ・二酸化炭素削減行動計画を発表

中国国務院、省エネ・二酸化炭素削減行動計画を発表

中国国務院(中央政府)は29日、「2024〜25年省エネルギー・二酸化炭素(CO2)削減行動計画」を発表し、自動車など輸送設備の低炭素化を進め、全国各地の新エネルギー車(NEV)購入制限を段階的に撤廃するとした。 »

世界のトップAI研究者、約5割が中国出身

世界のトップAI研究者、約5割が中国出身

人工知能(AI)人材の分野で中国が世界をリードしている。米シカゴのポールソン研究所にあるシンクタンクのMacroPoloがまとめた「世界AI人材追跡報告」によると、AI研究で世界の上位20%に入るような「AIトップ研究者 »

中国建機メーカーが海外進出加速、成長の原動力に

中国建機メーカーが海外進出加速、成長の原動力に

中国の建設機械メーカーが海外進出を加速している。2023年は海外市場の需要拡大を追い風に、輸出量を大幅に増やした。第14次五カ年計画に当たる期間(21~25年)は、海外販売が増勢を保つとみられており、業界成長を促す原動力 »

中国政府、欧米製輸入車への関税引き上げを検討か

中国政府、欧米製輸入車への関税引き上げを検討か

米国が中国の自動車輸入に対する関税を引き上げたことに対し、中国が報復として大排気量や2.5リッター以上の輸入車に関税を最大25%課すことを検討しているとの報道が出ている。中国商務部は23日、 これらの報道を完全には否定し »

「半導体国産化」急ぐロシア、技術は20年前・歩留まり50%届かず

「半導体国産化」急ぐロシア、技術は20年前・歩留まり50%届かず

ロシアが半導体国産化を目指している。ウクライナで戦争を続けるロシアへの半導体輸出には制限が設けられており、軍事技術を維持するためには自前の半導体サプライチェーンの構築が待ったなしだ。しかし、技術は20年以上前のもので、歩 »

中国で「生成AI×クルマ」の開発進む、小鵬汽車や百度など

中国で「生成AI×クルマ」の開発進む、小鵬汽車や百度など

中国で生成AI(人工知能)のクルマへの応用が加速している。電気自動車(EV)メーカーだけでなく、百度(バイドゥ)や騰訊(テンセント)などネット大手がその生成AI技術でクルマ産業のソリューションを開発している。 »

世界で半導体競争激化、米・EUの補助金810億ドル

世界で半導体競争激化、米・EUの補助金810億ドル

世界各国は、次世代半導体の開発・生産支援に向けて、米インテルや台湾積体電路製造(TSMC)などの半導体企業を対象に合計3800億米ドル(約59兆1582億円)の予算を確保した。うち、米国と欧州連合(EU)は合計810億米 »

龍芯の国産CPU、1~3月出荷量が昨年通年超える

龍芯の国産CPU、1~3月出荷量が昨年通年超える

米Intel(インテル)のほぼ独占状態にあるCPU(中央演算処理装置)の分野で、中国企業の龍芯中科技術(北京市)が健闘している。同社が独自開発した中国国産CPU「3A5000」と「3A6000」は、今年第1四半期(1~3 »

中国で半導体用シリコンウエハー増産投資、調整局面でも各社が積極姿勢

中国で半導体用シリコンウエハー増産投資、調整局面でも各社が積極姿勢

中国の半導体用シリコン(Si)ウエハーメーカーが、市場の在庫調整が長引く中でも、製品開発・増産投資を加速させている。電気自動車(EV)、ビッグデータ、人工知能(AI)といった産業の急速な発展がもたらす商機拡大を見越してい »